1. ホーム
  2. コラム

コラム

[2020/07/10]【7月のコラム】七夕にお祝いをしよう

こんにちは、キレイデザイン協会理事長の大沢清文です。

7月になりましたね。

今年も半年が過ぎたのですが、
コロナの自粛期間があったのでいつもより更に早く感じます。


7月7日は七夕ですね。
星に願いを♪
街のあちこちでかわいい短冊を見かけます。

七夕といえば

・織姫と彦星が年に一度だけ天の川を渡って逢える日
・笹の葉に色とりどりの短冊や飾りを吊るし、星に願いを祈る日
などですよね。

織姫と彦星伝説はみなさまご存知だと思いますが、
笹の葉の願い事はいったいどこからきたのでしょうか?


七夕の願い事風習は、
・中国から伝わった「乞巧奠(きこうでん)」と
・日本古来の五節句の行事であった「棚機(たなばた)」
が由来と言われていて

「乞巧奠(きこうでん)」とは、
7月7日の夜に織女星を眺め裁断に針や五色の糸などを備えて、
機織りや裁縫の上達を願う中国の行事です。

「棚機(たなばた)」とは
古代日本から行われていた禊(みそぎ)の行事で、
選ばれた穢(けがれ)を知らない乙女が、
神が着る神聖な織物を織り捧げることで
村を災難から守り、秋の豊作を願いました。

奈良時代に日本に乞巧奠が伝わり、
棚機と融合し七夕(しちせき)と呼ばれる宮中行事となりました。

そして七夕(しちせき)はこの両方が織物にちなんでいたことから織姫伝説と接合し
詩歌と裁縫の上達を願って五色の糸や山海の幸と共に星に願いを捧げる行事となり
星に願いを祈る行事として民衆に広まりました。


江戸時代になると
五色の糸の代わりに五色の短冊が使われるようになりました。

五色は、「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」で
古代中国の陰陽五行説に基づいた色です。

陰陽五行説とは、
すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち、
「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とする説です。

「木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)」を表しています。


七夕のお祭りは、
秋の豊作を願っての宴なので
予祝=前祝いの意味もあります。


予祝(よしゅく)とは
年の初めにご馳走を食卓にたくさん並べて

その1年が食べ物に困らず、実り豊かな
年になるように昔の人が

予(あらかじめ)に祝(いわい)する

春のお花見や夏のお祭りは、
秋の豊作の前祝いと言われています。

日本は、言葉を大切にする
言霊の国と言われていて
言ったことが、そのまま現実になる
という風習があります。

よい出来事があったから
お祝いするのでなく

お祝いをすると、
よい出来事が起こる


今年の七夕は、予祝をしてみませんか?

2020年に立てた目標を叶えるために・・・


未来を更によくする方法は、
今の心の状態をよくする事

未来のために「今」を喜ぶ
喜びに浸り、その喜びに感謝する

すると、未来においても
喜びがやってきます。

ぜひ理想の未来を作ってくださいね。


夏の訪れを感じる七夕の夜に
5色の短冊で彩を添え、

夜空を見上げながら
星に願いを伝えてみませんか。


ページトップへ

Copyright © 2016 一般社団法人 キレイデザイン協会 All rights reserved.